You’ve got it.
Maetel is Here.

We provide creative solutions to clients around Kumamoto Reconstruction, creating support sexial life that get attention and meaningful.

Get My Body

セクションサブタイトル

当社について

地方に生まれ、風俗が地場産業の熊本で育ち、幼い頃から身近な存在だった。大人たちの赤裸々な姿を見ながら遊んでいたので、見よう見まねから始まって自然と男と女の体験は数えられず、風俗の中で暮らしています。

意固地なところもあるわがままもの。マイ・ペースで行動してきました。音楽の楽しみ方・・・知識が豊富と言われるけれども、自分でそれを言うとむずがゆい・・・は中学の時に縁のあった男性たちの薫陶あってのもの。自分のスタイルへの自信も、誰もがひと味知ると楽しんでくれるようになるから。

取っつきはちょっと怖いかも。戸籍上の年齢は18歳以上でも、精神的に男性として満たない経験の人には「知らない世界の出来事のようで」と辛いことにも成りそうです。

熊本の熱気ある男の子たちを同級生に持ったことで、肉体的にも様々なことをおう歌。卒業後もずるずる後を引きそうだったので卒業式の夜にソープ入店。表向き(?)の仕事はレコード店スタッフ。

今はソープ嬢とレコードショップのスタッフの両刀遣い。ファーストマシンはMSX2。YAMAHAのモデルでDTMがしたかった。1995年、学校から帰ったら玄関にMacintoshが届いて居てからのマカー、ギーク・ガール。インターネット創世記はパソコン通信で熊本のヨウコとして伝説の存在(自称)。コンサートに行きたくて、とある喫茶店のマスターに大人の人を紹介されたのが中学2年の春でした。

コードネームは「J」。ジャンクションの「J」。最初の源氏名がジェニファーだったってこともあるけど、わたしと100分間でも一緒にいれば『ジュークボックス』というイメージが湧いてくるそうだ、一晩過ごせば『ジャンクボディ』と言い捨てる人もいる。

おすすめの音楽と、わたしのプライヴェートを面白くエンタテインメントに書いていきます。

これから先は、お友達限定です。

Lovely

セクションサブタイトル

最新ニュース

最新のニュース

さぁ!みんな 熱くなれ!!〜ユーザー登録ができるように再設定しました。

今日はとっても寒くて、昨日の予報では12月上旬の気温だと言ってたのに夕方の天気予報では12月下旬から1月下旬の気温となったようです。北海道の寒さは最新記録だとか、停電に困っているところもありますね。
青空の下でおもいっきり身体を伸ばしたい。何が起こるかわからない12月。このサイトも10月、11月とトラブルがあり、新規ユーザー登録を止めていました。今後はユーザー限定の記事があります。これまでユーザー登録されていた皆さん。再登録をお願いします。

時に、こういうベートーヴェンはいかが?! 切なげなドイツ人美人が写っていますが、ディーター・ツェヒリンは男性です。

メリハリも際立ったところも感じられない。とつとつとしたところもなければ、サラサラと流れていく音楽でもない。ピアノの響きもスタインウェイでは無いようで、淡彩の色合いで豊かなところもない。アーティスティックでも、テクニカルでも箸にもかからないものだというのに、なんだろう。この神秘的な魅力は。それでもカタログから落ちないのだから撰者たちにとっては捨て置けない録音であるには違いない。

緊急指令

謎に包まれた災害日本、飛び交う電波のその果てに宇宙の未来が待っている。緑の平和が来るまでは、戦い抜くぞ特捜隊!われらの星!電波特捜隊!!
撮影当時の思い出話では街中でのロケで、何も無いところに居るであろう怪獣に驚くシーンの撮影が恥ずかしかった、今ではおヘソ出しは日常的なファッションになっているけれども、それでも訝るように全身を観る人は居ます。

知らない世界の出来事

プロフィールをどう書こうかといつも時間がかかる。文字数に制限もあったりするから尚のことだ。意固地なところもあるわがままもの。マイ・ペースで行動してきました。音楽の楽しみ方・・・知識が豊富と言われるけれども、自分でそれを言うとむずがゆい・・・は中学の時に縁のあった男性たちの薫陶あってのもの。自分のスタイルへの自信も、誰もがひと味知ると楽しんでくれるようになるから。精神的に男性として満たない経験の人には「知らない世界の出来事のようで」と辛いことにも成りそうです。
熊本の熱気ある男の子たちを同級生に持ったことで、肉体的にも様々なことをおう歌。卒業後もずるずる後を引きそうだったので卒業式の夜にソープ入店。表向き(?)の仕事はレコード店スタッフ。

OYAG33

OYAG は新しいレコードクリーナーブランドで、静電気を除去したうえでクリーニング後は汚れを寄せつけないため、半永久的にクリーニングの必要がないと謳うクリーナー液だ。1液性というシンプルな使い勝手で、液を盤面へ滴下して乾燥させるだけというシンプルな手順。驚くのはその持続性。専用クロスの使用がお薦め。

Hello world!

千住真理子さんも、小憎らしい出題をしたものだ。思わずペンを手にする欲望をくすぐってくれた。その答えは後述するとして、蓄音機で音楽を聞いていた時代。4分から5分がレコード片面の再生時間でした。この4分から5分の時間を規範にしたアメリカでは片面一曲のドーナツ盤、12インチ盤を定め、ターンテーブルの互換をヨーロッパでは規範として33回転のLPレコード、12インチ盤の両規格が出来上がります。ふかわさんはDJなので、米国プレスの45回転に対して英国の12インチが33回転なので、ご存知の範疇でしょう。CDやデータを使う現代では起こらないことかもしれませんが、わたしが熊本でディスコのノンストップ・ミックスを初めた頃には、33回転という印がなく、45回転で間違えて、面白いミックスになった思い出もあります。
さて、ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集《和声と創意への試み》の12曲から、4曲を選び《四季》として、イ・ムジチがLPレコードで売りだしたのがバロックブームの火付けとなった。時同じく、映画『審判』でヒットした曲は《アルビノーニのアダージョ》だ。今回のきらクラDONの答えは、これだと思うのですが、作曲者名については悩ましい。アルビノーニの楽譜は完全でなく、数葉の断片を元にジャゾットが補作したようにLPレコードの解説には当然のごとく説明されていた。しかし1990年一通の手紙で決着がつく。この作品には原作となるアルビノーニの素材はまったく含まれていなかった。以降、現在では完全なジャゾットの創作であることが判明している。バロック音楽の名曲としては、録音は減りましたが、大衆文化に受け入れられやすく、《アルビノーニのアダージョ》は、バロック音楽の作曲様式に倣った現代音楽ということになるのだろうか。千住真理子さんのヴァイオリン、ストラディバリウスは製作されてから一度も誰の手を介した履歴のない楽器。それが名指しでオファーが来た時には謎めいていたけども、その楽器の音色は謎の真相なんてどうでもいいと思わせるものだ。《アルビノーニのアダージョ》を考えるとき、同質に感じられる。